認定看護師として働く為に何度も頑張る

昨今では、認定看護師として合格する為に頑張っている方々が増えてきています。杏林大学医学部付属病院などを含め、そのような方が増えている状況です。ちなみにその付属病院には、資格支援制度などもあります。

そもそも最近では、救急看護技術などに対する需要が増えてきているのです。そして救急を要する看護となると、かなり高いスキルが求められる傾向があります。冒頭で申し上げた認定看護師は、そのような現場で活躍をしている事が多いです。

しかし高い技術が求められる事もあり、認定されるまでのハードルは高めになります。いくつもの審査基準をクリアする必要があるので、不合格になっている事例も多く見られるのです。

しかし看護業界では、非常にモチベーションが高い方々が多いのも事実です。何回か不合格になっても、何度も諦めずに頑張っている方々も少なくありません。その努力が報われて、晴れて認定看護師として認められている方々も多く見られます。